採用情報TOP >

運送企画営業職

仕事内容

日本ロジックスでは、トラックを利用した運送事業の年間売上高は30億円超で全社売上高の約60%を占めます。
約100台の自社で保有するトラック(自車)と、200社を超える全国の協力会社のトラックを駆使し、500社を超えるお客様からの輸送依頼にお応えしています。

取り扱う商品も様々で、家電商品・飲料・アパレル・通信情報機器・理美容品等、TV用リモコン1本から化学原料品20トンまで様々な輸送依頼にお応えします。
輸送エリアも、北海道から沖縄まで日本全国をカバーしています。

運送企画営業職は、上記の通りお客様からの様々なご依頼に対し、自車と協力会社のトラックの運行状況を把握し、「品質」「納期」「コスト」「効率」を見据え、何通りもの組み合わせから最適なプランをコーディネートします。

例えば、大阪から熊本への輸送依頼があったとします。
自社トラックを行かせた場合、大阪への戻りの荷物は確保できるか? 採算はどのようになるか? 同じ熊本方面へ一緒に積んでいける荷物はないか? どのような種類のトラックを用意すべきか?熊本方面が得意な協力会社に依頼すべきか? 納期は大丈夫か? 等様々な事を考慮しながら、輸送依頼とトラックをセットして行きます。

協力会社とのコミュニケーションも非常に大切です。
自社トラック100台に対しお客様から120台分の輸送依頼を頂いた場合、自社トラックでは対応しきれない輸送は協力会社に依頼を行います。逆に、お客様から90台分しか輸送依頼が無い場合、協力会社から輸送案件を紹介いただき自社トラックをフル稼働させる必要が生じます。

運送企画営業職の仕事は上記に加え、ドライバーや運行の管理を行います。
自社トラックは約100台ですが、全国に協力会社がありますので運送企画営業職の力量次第で200台分、300台分の輸送依頼も対応可能です。売上や利益はその力量で大きく飛躍させることができます。

運送企画営業職は、お客様に対し「品質」「納期」「コスト」「効率」全ての面でご満足いただけるソリューションを提供する社会貢献性の非常に高い業務です。

社員の1日・1週間

朝8時より業務開始します。

基本的にトラック運送便は前日の夕方に積み込んだ荷物を納品先に納品→当日輸送があればその輸送依頼に対応→翌朝納品する荷物を積み込み。この動きを繰り返し行います。 常に荷物を積んでいる状況を実現できれば売上や利益は大きくなります。

朝は、自車、協力会社ドライバーから、順次業務完了の連絡が入ります。
完了した業務について何か問題は無かったか? ドライバーの体調等電話にてヒアリング。問題無ければ、次の輸送指示を行います。

午前中は、お客様からの追加の輸送依頼や協力会社からの様々な連絡が入ります。
お客様からは、「大阪から東京へ100tの荷物を運んでほしい。」 「○月△日の×時に、名古屋まで20ケース届けたい。」等、荷物の情報を頂戴します。
協力会社からは「大阪から東京に帰りたいトラックが神戸で待機しているが荷物が無いので荷物が欲しい。」「大阪から名古屋へ向かうトラックに3mの空きスペースががあるので、同時に積んで行ける荷物が欲しい。」「お客様からの輸送依頼が多すぎてトラックが足りない。2t車が空いていたら貸して欲しい。」等、トラックと貨物の情報を頂戴します。
前日に決定した配車計画をベースに、当日の情報を組み合わせ、コーディネート案を更にブラッシュアップして行きます。
コーディネートした配車プランは、簡単な自社システムへ入力すると、基幹システムにデータが蓄積されて行きます。

自社トラックが車庫に帰って来ると、ドライバーと対面で健康状態など必要事項をチェック。デジタルタコグラフのデータがプリントされた運転日報を元に、運行内容を確認。運行内容や燃費などに問題があれば、ドライバーに改善項目を指示します。ドライバーの品質を上げて行く事も重要な業務です。その後ドライバーに翌日の輸送を指示します。

最終的にその日の売上を取りまとめ、目標数値に対しての進捗を確認します。
同時に明日以降の業務計画を練り直し、17時~18時に業務終了となります。

エントリーはこちらから

必要なスキル・資格
必要な資格は特にありません。
先述の通り、異業種からの未経験転職者が資格も無く入社し、現在活躍しています。運行管理資格、フォークリフト免許等、経験に応じて必要となる資格は入社後に取得いただきます。日本ロジックスの経営ポリシーや行動指針に共感いただける方を歓迎します。
教育・研修制度
本社にて新人研修・1日(日本ロジックスに関して)
本社にて新人社長研修・1日(日本ロジックス、物流に関して座学)
各配属先で新人研修・1日(配属先やお客様に関して)
各配属先でOJT・3ヶ月~6ヶ月(まずは倉庫現場のサポートから始めていただきます)
評価制度
日本ロジックスでは基本的に1年に1度3月に評価を行います。

評価には個人別の目標管理表を利用します。目標、品質、予算などの進捗を確認し、面談の上評価を決定していきます。

先輩社員の声

埼玉春日部営業所  マネージャー(2010年10月入社)

埼玉春日部営業所 マネージャー(2010年10月入社)

埼玉春日部営業所で運送企画営業職として勤務しています。
6年前不動産営業から転職、先輩の横で運送企画営業を勉強しました。
始めは聞きなれない仕事で自分にできるかとまどいもありましたが、実際やってみるとこれまでの営業と似通ったところが多く
問題なく仕事に入り込むことができました。周りの仲間が丁寧に教育してくれたこともあり、約1年ほどで一人立ち出来る様に
なりました。そんなとき、埼玉春日部営業所に欠員が出たために異動の相談を受けました。
自分の能力を違う拠点で試したい事もあり、転勤を決意しました。付け加えますが、日本ロジックスは異動や転勤を強制せず、必ず社員
の意向を尊重してくれます。
慣れない土地、始めての取引先とのやり取り、以前から勤務してくれている先輩ドライバーとの関係など、最初は大変な事ばかりでした。
まずはドライバーとの話し合いを重ね、信頼関係を構築することから始めました。ドライバーの立場となって考えられる様になるため、会社
に支援いただいて大型運転免許も取得しました。必要な投資は惜しまない。これが日本ロジックスの良い所だと思います。
また、近年はコンプライアンス(拘束時間や連続運転時間等)基準が厳しくなり、運行回数など制約されるようになりました。
コンプライアンスを遵守しながら、いかに売上と利益を確保し、ドライバーの給与を高い水準に保っていくか?試行錯誤を重ねました。
運行回数を増やせないのなら、1運行当りの売上を上げるしかないため、積み合わせを行うべきと判断しました。
ドライバーからの荷物の状況を細かく確認し、少しのスペースでも空いていれば他のお客様の荷物を積み合わせる。ドライバーも給与が
上がっていく喜びを感じてくれたのか、積極的に協力してくれました。
この積み合わせは、会社からの指示ではなく、私個人で「やろう」と決断したものです。
このように、前向きな業務姿勢を常に見守ってくれている社長には感謝しています。
現在は売上、利益、売上とも毎月予算達成。利益率も全社でトップとなり 社長賞もいただきました。がんばれば評価をいただける
風土があり、日々楽しく業務に当たっています。

よくある質問

トラックに乗ることはありますか?
基本的にありません。トラックに乗る事が本来の業務ではありません。
未経験の方には、トラックに横乗りいただき、ドライバーの業務体験をしていただく場合もありますが、あくまで研修期間内としています。
トラックの構造や特性などの知識が必要ですか?
修理や定期点検は、契約締結した専門委託先に委ねますので、日本ロジックス社員が修理などを行う事はありません。
知識については、乗用車の通常メンテナンス(ラジエター冷却水・オイル交換・タイヤ空気圧など)程度で充分です。
入社後はDVDでの勉強会やOJTで覚えていただく事となります。
転勤・異動はありますか?
ある拠点で補充が必要となった場合、転勤や異動がその社員のステップアップにつながる場合は話し合いを行う場合がありますが、強制は行いません。
社員の方と話し合い、あくまで社員の希望を尊重します。
未経験の場合、どの位の期間で一人立ち出来るのでしょうか?
運送企画営業職として「初心者マーク」付きで業務を始められるには、6ケ月~12ケ月は必要です。
その期間は先輩のアシスタントとして仕事を覚えていただく事となります。
焦る必要はありません。その期間は「昨日より今日、一日一日の成長」を心掛けて下さい。
営業のノルマについて教えてください
営営業と会社の意見をすり合わせた上で、期初に予算を編成し、それを目標にしています。自らも納得した予算なので達成に向けて精一杯努力することができます。予算達成はもちろん重要ですが、結果だけでなく、そのプロセスも評価します。
営業職との違いはなんですか?
当社での営業職は外回りもしますが、運送企画営業職については内勤で電話を使って営業していきます。お客様や協力会社ドライバーとの電話連絡により、売上を上げていってください。

エントリーはこちらから

募集要領・選考プロセス
書類選考 → 一次面接・適性試験 → 二次(役員)面接 → 内定

メールまたはお電話でお問合せ後、写真付きの履歴書および職務経歴書をご郵送お願いします。