common_bg_bar4

common_bg_bar4

事業内容物流コンサルティング・3PL

物流コンサルティング

「目的の明確化」「要件定義」「問題点抽出」からオペレーションの設計・運営まで

日本ロジックスは、お客様の経営理念・戦略に基づき、物流における企業優位性の確立を支援します。
保有するノウハウ・資源をベースに、開示いただいたデータの分析や現場調査により物流課題を抽出し、「最適な戦略的物流システム」をご提供致します。

物流課題の抽出

他社に負けない「現場力」「提案力」「分析力」「改善力」、
単なる「診断」だけではなく「治療」まで

日本ロジックスの物流コンサルティングは、数々の実績に裏付けされた「現場力」「提案力」「分析力」「改善力」の4つの力を集結させ、単なる「診断」だけではなく具体的な「治療」までを行う事が特徴です。

3PL(サードパーティーロジスティクス)

サードパーティーロジスティクスで
お客様の物流全体のアウトソーシングにも対応

サードパーティーロジスティクス事業は、お客様に対して物流改革を提案し、包括して物流業務を請け負う事業です。
顧客サービスの向上、物流コストの削減などを目的に物流全体をアウトソーシングすることを指します。

3PLの効果は・・・

・物流拠点の最適化
・リードタイムの短縮
・在庫の適正化、可視化
・物流情報システムの導入
・倉庫内作業効率化
・販売機会ロスの低減
・納品精度向上

お客様は物流業務をアウトソーシングすることにより、本来のコア事業にリソースを集中することが可能となり、「戦略的な物流システムの確立=キャッシュフロー改善=企業優位性の確立」が実現できます。

日本ロジックスの3PL

日本ロジックスは、様々な分野において、高度なスキルを持つパートナーと提携しています。
『日本ロジックス3PLサービス』は、物流に関わる全ての分野を、強力なプロフェッショナル集団で包括的にサポートします。

パートナー企業一覧はこちら

詳細を表示

詳細を閉じる

事業内容国内輸配送

「圧倒的な集車力」・「高い輸配送品質」・「様々な輸配送方法」により
お客様の商品を確実に輸配送します

日本ロジックスは昭和28年創業以来、一貫して輸配送事業を行いながら、その事業をブラッシュアップしてきました。

・創業以来培った数多くの協力会社との強力なネットワークによる「集車力」
・Gマーク(安全優良事業所)認定を取得、研修・教育を重ねたドライバーによる「輸配送品質」
 更に、デジタルタコグラフ導入は勿論の事、最新機器の研究を欠かさず、
 輸配送品質の向上とコンプライアンス遵守を常に追及
・利便性の高いトラック輸配送、大量・低価格な鉄道・海上輸配送、クロスドッキング等を組み合わせた「様々な輸配送方法」
・CO2排出量削減のため、常に最新鋭の低燃費トラック入替を始め、「エコドライブ」推奨を実施。環境面にも配慮

お客様に最適なサービスを提供することにより、輸配送効率化を進め、コスト削減を図ります

自社保有車両
トレーラー 平車・ウイング車 6台
増トン車 平車・ウイング車 48台
7トン車 ユニック車 1台
5トン車 ユニック車 1台
4トン車 平車・ウイング車 36台
3トン車 ユニック車 3台
2トン車 平車・ウイング車 8台
103台

詳細を表示

詳細を閉じる

事業内容倉庫保管・物流センター運営・流通加工

倉庫保管

お客様のご要望に沿った最適の立地、保管形態を提案します

倉庫保管は、立地・保管形態の検討が非常に重要です。日本ロジックスは、保管業務から派生するあらゆるつながりを見据えた要件定義を行い、お客様にとって最適な倉庫保管を提案します。業務開始後も、運営状況にあわせた改善や、成長にともなった拡張など、流動的な課題に対応できる柔軟性が肝要です。日本ロジックスは、 あらゆる角度から様々な情報を分析し、お客様に最適の倉庫保管を提案し続けます。

危険物の保管についても提案します

提携協力会社では、大阪近郊で低温・常温・定温管理が行える危険物倉庫を1,000坪以上有し、きめ細やかな温度調節が求められる特殊塗料・化学工業品などの物流サービスにも対応しております。

危険物保管について

これまで培ってきた独自のノウハウを集約した情報システム技術が
保管業務を強力にバックアップします

在庫(倉庫)管理には情報システムの活用が不可欠なものとなっています。物流システムはいま、進化の時代を迎えています。日本ロジックスは、これまで培ってきた、ノウハウを集約し、物流の現場で、人が最大のパフォーマンスを発揮できる情報システムを活かした在庫(倉庫)管理を実現します。

物流センター運営

日本ロジックスの独自のノウハウで物流センターを運営
品質、コストの両面を改善します

日本ロジックスは、これまで様々な業界・業種の物流センター運営を行って参りました。その経験を活かし、独自のノウハウで各種データを分析し、お客様の流通チャネルに適した物流拠点の計画立案から運営まで一括して手掛けています。また、現在稼動中の物流センターについても、品質レベルの向上や、コスト削減に関する提案も行います。運営後も入荷から出荷までの人・物・情報の流れを細かく分析し、日々の改善を積み重ね、高品質かつローコストのサービスをご提供し続けます。更に、在庫を持たない通過型センターの運営についても、確かな実績があります。

お客様のお悩みを解決致します。提案一例

流通加工

ラベリング・商品組立・検品・包装・梱包等、
物流に関わるあらゆる付帯作業を請け負います

日本ロジックス倉庫内での高機能な流通加工は、お客様の要望を高いレベルで実現させます。内容に応じてそれぞれ決まった外注先にアウトソーシングしていた作業を日本ロジックスに集約。大幅なコスト削減を実現します。
コスト削減の実現だけではなく、管理の簡略化、リードタイムの大幅な短縮といった他の問題も同時にクリア。勿論、これまでの品質を低下させることはありません。

詳細を表示

詳細を閉じる

事業内容物流事業者支援

物流事業者支援プログラム

当社はおかげ様で65周年を迎えることが出来ました。

日本企業の存続率が、設立1年=40%、設立5年=15%、設立10年=6%、設立20年=0.3%、設立30年=0.02%と言われる中、ここまでやってこれたのは、お客様、取引企業様、従業員をはじめとする当社に関係するすべての皆様のおかげです。
本当にありがとうございます。

なかでも、ここ10年に注目すると売上規模や総資産規模は数倍にも成長することができました。
会社にパソコンが1~2台しかなった会社、仕事のほとんどが下請け業務であった会社、年商以上の借り入れがあった会社が、どのように成長してきたのか?
過去10年程度の出来事ですので鮮明に覚えています。
営業方法、社員教育、規則、労務関係、給与、罰則、コンプライアンス、ブランディング等々様々な改革を行ってきました。
そういった当社が行ってきた取り組みを物流事業者様に包み隠さず、披露します。
綺麗ごとだけを並べるコンサルティング会社にはできない、実際に改革を行ってきた当社にだからできる真のコンサルティングを体感しませんか?

きっと、あなたの会社の改革にお役に立てると確信しています。

詳細を表示

詳細を閉じる

事業内容貿易・国際貨物

急速に進むグローバル化 国際貨物もワンストップでサポートします

お客様に代わり通関をはじめ輸出入関連業務を行います。
コンプライアンスを遵守し、正確かつ迅速に対応させていただきます。

国内外の貨物の動きを管理し、輸出入時の船舶のbooking、コンテナヤードと納品先間の輸配送等、国内外における輸配送手配を代行いたします。

事業内容保険コンサルティング事業

リスクマネジメント

物流システムの構築には、リスクマネジメントは非常に重要な要素の一つです。
もちろん、我々日本ロジックスの物流提案においてもリスクマネジメントの検討は重要度を増しています。
サービスをどのように行うかだけを検討するのではなく、そのサービスを行う際に発生しうるリスクにも細心の注意を払います。

BCPの重要性が叫ばれる今日では当たり前のことだと言えるのではないでしょうか?
そういった視点から、日本ロジックスはリスクマネジメントを専門業務とするグループ企業を所有しています。

リスクマネジメントを行うことにより、企業を保護(AID:エイド)する。

長い年月をかけ培ってきた物流に特化したノウハウを持つ、
株式会社 AID:エイド(ALL INSURANCE DESIGN)が
日本ロジックスの物流提案を、リスクマネジメントという視点から大きくバックアップします。

AID ALL INSURANCE DESIGN

詳細を表示

詳細を閉じる

common_bg_bar4

事業内容ソーラーファーム事業

ソーラーファーム事業を広域で展開

地球温暖化対策・エネルギー源確保、環境汚染対処などの一環として、再生可能エネルギーの普及拡大と価格低減の目的で導入されたエネルギーの固定価格買取制度が2012年7月より全量買取制に変更になったことを受け、当社においては夏季の庫内温度上昇の逓減、屋上の有効活用の効果も踏まえて、2013年より太陽光発電を開始しました。

2015年からはソーラーファーム事業として、運送・倉庫に次ぐ新たな事業の柱に位置づけ、兵庫県淡路市で3万平方メートルのメガソーラー施設を建設。遮蔽物のない、発電効率の良い土地に太陽光パネル4,700枚を並べ、年間約130万kwhという大規模な発電を開始しました。今後、メガソーラー規模の発電所を関西から東海・関東エリアにて順次拡大させていく予定です。

これまでの目標である、安全でクリーンなエネルギー供給による社会貢献、夏季の労働環境改善にも本格的に取り組んでまいります。

  • service_solar_img_01
  • service_solar_img_02
  • service_solar_img_03
太陽光発電スペック
  • service_solar_illustration01
  • service_solar_illustration02
  • service_solar_illustration03

全社合計

埼玉春日部ソーラーファーム

設備情報

年間発電量
152,369kwh
年間石油削減量
34.6KL
年間CO2削減量
79.8t

service_solar_farm_01

大阪西淀川ソーラーファーム

設備情報

年間発電量
183,965kwh
年間石油削減量
41.8KL
年間CO2削減量
92.8t

service_solar_farm_02

東大阪西岩田ソーラーファーム

設備情報

年間発電量
149,102kwh
年間石油削減量
33.8KL
年間CO2削減量
78.1t

service_solar_farm_03

兵庫八千代ソーラーファーム

設備情報

年間発電量
142,783kwh
年間石油削減量
32.4KL
年間CO2削減量
72.0t

service_solar_farm_04

兵庫淡路第一ソーラーファーム

設備情報

年間発電量
1,306,858kwh
年間石油削減量
296.7KL
年間CO2削減量
659.3t

service_solar_farm_05

兵庫淡路第二ソーラーファーム

設備情報

年間発電量
1,331,386kwh
年間石油削減量
302.2KL
年間CO2削減量
671.7t

service_solar_farm_10

滋賀竜王ソーラーファーム

設備情報

年間発電量
102,922kwh
年間石油削減量
23.4KL
年間CO2削減量
51.9t

service_solar_farm_06

三重伊賀第一ソーラーファーム

設備情報

年間発電量
735,548kwh
年間石油削減量
167.0KL
年間CO2削減量
371.1t

service_solar_farm_07

三重伊賀第二ソーラーファーム

設備情報

年間発電量
721,720kwh
年間石油削減量
163.8KL
年間CO2削減量
364.1t

service_solar_farm_08

大阪摂津ソーラーファーム

設備情報

年間発電量
297,378kwh
年間石油削減量
67.5KL
年間CO2削減量
150.0t

service_solar_farm_09

静岡裾野ソーラーファーム

設備情報

年間発電量
912,006kwh
年間石油削減量
207.0KL
年間CO2削減量
460.1t

service_solar_farm_11

千葉印西第二ソーラーファーム

設備情報

年間発電量
927,765kwh
年間石油削減量
210.6KL
年間CO2削減量
468.1t

service_solar_farm_12

大阪箕面ソーラーファーム

設備情報

年間発電量
63,815kwh
年間石油削減量
14.5KL
年間CO2削減量
32.2t

service_solar_farm_13

大阪城東ソーラーファーム

設備情報

年間発電量
66,670kwh
年間石油削減量
15.1KL
年間CO2削減量
33.6t

service_solar_farm_14

奈良宇陀ソーラーファーム

設備情報

年間発電量
1,272,520kwh
年間石油削減量
288.9KL
年間CO2削減量
642.0t

service_solar_farm_15

兵庫姫路第一ソーラーファーム

設備情報

年間発電量
2,051,038kwh
年間石油削減量
465.6KL
年間CO2削減量
1,034.7t

service_solar_farm_16

兵庫姫路第二ソーラーファーム

設備情報

年間発電量
1,511,596kwh
年間石油削減量
343.1KL
年間CO2削減量
762.6t

service_solar_farm_17

千葉印西第一ソーラーファーム

設備情報

年間発電量
2,399,378kwh
年間石油削減量
544.7KL
年間CO2削減量
1,210.5t

service_solar_farm_18

詳細を表示

詳細を閉じる